「アフィリエイトの種類」について

前回は、アフィリエイトの魅力についてお話させて
いただきましたので、今回は「アフィリエイトの種類」について
お話させていただきます。

アフィリエイトの種類は様々ありますが、
アフィリエイトの種類は
「アフィリエイトする媒体」か
「アフィリエイトする商品や広告」に
よって種類分けがされています。

アフィリエイトする媒体による種類分け

それでは、まずは媒体によって種類分けした
アフィリエイトについて解説します。

「サイトアフィリエイト」

「メルマガアフィリエイト」

「ブログアフィリエイト」

「PPCアフィリエイト」

「SNSアフィリエイト」

以上の5種類に、一般的には分類されます。

「サイトアフィリエイト」

こちらは、HTMLやCSSを用いて
ホームページを作成し、
ホームページ上で商品を
アフィリエイトしていく方法になります。

「メルマガアフィリエイト」

こちらは、メールマガジンを発刊し、メールを配信して
商品をアフィリエイトしていく方法になります。

メルマガはメール配信スタンドと呼ばれている
メールマガジンが発行できるサービスを提供している
サイトを利用し、行っていきます。

もちろん、メルマガを出す為には、メールを読んでくれる
読者を集める必要があり、読者は一般的にサイトやブログ、SNSから
集めていきます。

また、最近のメルマガ配信スタンドは、メールを一括送信出来る
機能だけなくステップメールという、自分が指定した時間に
自分が予め書いておいたメールを順番に送信できるという
機能もあります。

「ブログアフィリエイト」

こちらは、おそらくみなさんもお馴染みのブログを使って
商品をアフィリエイトしていく方法になります。

芸能人の方もたまにブログで、「これオススメの商品ですよ~」
といった感じで紹介していますよね。

ブログアフィリエイトはHTML知識もほとんどいらなく
完全無料で始められるので初心者の方には
一番オススメのアフィリエイトになります。

「PPCアフィリエイト」

こちらはYahoo!やGoogleに広告を出し
検索エンジンに自分のサイトを上位表示をさせて
アクセスを集め、商品をアフィリエイトしていく方法になります。

広告は3000円から出すことが出来るので
比較的誰でも始めることがで出来ます。

また、PPCアフィリエイトはすぐに
自分のサイトにアクセスが集めることが
出来るので、報酬に繋がるのが早いという
特徴があります。

「SNSアフィリエイト」

こちらは、TwitterやFacebookなどで
アフィリエイトをする方法になります。
ただ、先程もご説明させて頂きましたが
最近ではSNSはアフィリエイトをするより
メールマガジンの読者を集める為に
活用されている場合が多いです。

アフィリエイトする商品や広告

それでは、次にアフィリエイトする商品によって
種類分けしたアフィリエイトについて解説します。

こちらについては、各メリット、デメリットについても
解説させていただきます。

1 情報商材アフィリエイト

こちらは情報商材と呼ばれている
「アフィリエイトで稼ぐ方法」や
「せどりで稼ぐ方法」など、
販売者が持っている知恵をPDFファイルや
動画にまとめて商品化したものを
アフィリエイトしていきます。

情報商材には「アフィリエイトで稼ぐ方法」と
いったネットビジネス系意外にも
恋愛必勝マニュアルや、パチンコ必勝法
ガンの克服法などジャンルは多岐に渡ります。

「情報商材アフィリエイトのメリット」

情報商材は報酬単価が非常に高く、
一件成約するだけで数十万といった
金額を得られる商品もあります。

アフィリエイトで月に何百万と
稼いでいるほとんど方が
何かしらの情報商材を
アフィリエイトしています。

「情報商材アフィリエイトのデメリット」

値段が高いものが多く、
しかも情報やツールといった
形のないものを商品として扱う為、
普通に誰かに「はい、どうぞ」と
紹介するだけでは、まず売れません。

ですから、情報商材をアフィリエイト
していくためにはしっかりとした
マーケティング戦略を用いて
行っていく必要があります。

2 物販アフィリエイト

物販アフィリエイトは、
広告主が実際に販売している
化粧品や健康商品、または保険の
見積もりサービスなどを
アフィリエイトしていきます。

また、アマゾンや楽天
も物販アフィリエイトに含まれます。

「物販アフィリエイトのメリット」

無料で申し込めるものも多く、成約しやすい。
また、報商材に比べると、値段も安価で
売れやすいというメリットがあります。

また、基本的には無料ブログだけで
アフィリエイトしても商品は売れるので
初心者の方には始めやすい。

「物販アフィリエイトデメリット」

情報商材に比べると、報酬単価が低く
まとまった金額を稼ぐのには時間がかかります。

また、基本的に広告の期間が短く
定期的に広告を貼り替えるなどの
作業も必要となってきます。

3 クリック報酬型アフィリエイト

こちらは、クリックされるだけで
報酬が発生するタイプのアフィリエイトになり、
広告の内容はランダムになります。

現在は、このタイプの広告は
Google AdSenseという
Googleが提供しているサービスのみに
なります。

「クリック報酬型アフィリエイトのメリット」

クリックされるだけで報酬が発生するので、
アクセスを集めることが出来れば、
売るためのマーケティング手法などを
用いなくても稼ぐことが出来る。

「クリック報酬型アフィリエイトのデメリット」

クリックがだいたい2~3円程度ですので
AdSenseで稼いでいくには大量のアクセスを
集めていかなくてはいけません。

また、不正にアクセスを集めても、Googleに
すぐにバレてしまい、最悪アカウント停止(利用停止)
となってしまうので、純粋なアクセスを
集める必要があります。

以上が、アフィリエイトの主な種類となります。

ちなみに、
今後、私が貴方にお伝えしていくDRMアフィリエイトは
情報商材をメインにアフィリエイトしていきます。

それでは、次回はこれらを踏まえて
DRMとDRMアフィリエイトについて
解説していきます。

「DRM」と「DRMアフィリエイト」について

サブコンテンツ

このページの先頭へ