アフィリエイトについて

お世話になります、こなたです。

今回はアフィリエイトの基礎

【アフィリエイトについて】

というテーマで講義を進めていきたいと
思います。

それでは、早速いってみましょう。

そもそもアフィリエイトって何?

そもそもアフィリエイトって何ぞ?

という方もいらっしゃるかと思いますので
まずはそこから解説していきます。

アフィリエイトを直訳すると

「提携する」

という意味になります。

ただ、一般的にアフィリエイトは広告主の商品や
サービスを、貴方が紹介し成果があった場合に
(ユーザーが商品を購入、サービスを申し込むなど)
貴方にも報酬が入る仕組み全体のことを言います。

そして、アフィリエイトする人を

アフィリエイター

と読んでいます。

アフィリエイトサービスを展開している企業

アフィリエイトサービスを展開している企業の
具体的な例を出しますと、アマゾンや楽天などが
挙げられます。

アマゾンや楽天に登録されている商品の殆ど
がアフィリエイト出来る仕組みとなっており
各サイトに、アフィリエイター登録すること
で貴方も登録されている商品をアフィリエイト
出来るようになります。

例えば、アマゾンにアフィリエイター登録すれば
アマゾンに登録されている商品がアフィリエイト
出来るようになるということですね。

そして、このようにアフィリエイト出来る商品が
登録されていて、アフィリエイト出来る仕組みを
提供してくれているサイトのことをASPと言います。

ASPの種類について

ASPには様々な種類があり、各ASPによって
扱っている商品の種類が違いますので、
アフィリエイト出来る商品もASPによって
様々となります。

アマゾンや楽天以外に代表的なASPを挙げますと

A8ネット



インフォトップ


アドモール

→ http://admall.jp/LP/

などがあります。

このように、ASPには様々な種類があり各ASPに
よって扱っている商品の種類が違いますので、
アフィリエイト出来る商品もASPによって
変わってくるということですね。

広告の種類について

アフィリエイト広告には

「成果報酬型」

「クリック報酬型」

の2種類があります。

成果報酬型は、自分が誰かに商品を紹介し
紹介者が商品を購入した時点で自分に報酬
が支払われる方式です。

上記でご紹介したASPはすべて成果報酬型の
広告を扱っているASPとなります。

それに対し、クリック報酬型は広告は
広告がクリックされた時点で報酬が
発生します。

クリック報酬型の広告は、Googleが提供している
Google AdSenseというサービスがメインとなって
います。

成果報酬型の方が報酬が発生する条件が
難しい傾向にありますが、その代わり
クリック報酬型広告と比べて報酬が
高くなります。

逆に、クリック報酬型広告は報酬が
発生する条件が緩くはなりますが
その代わり、報酬が1クリック辺り
数十円と低くなります。

どちらの広告がお勧めなのか

という疑問点が生じるかもしれませんが
こちらに関しては

どのように収益化を行っていくか

という、マーケティングによって変わってくるので
一概には言えません。

なので

状況に応じて最適な方を選ぶ

と覚えておいて頂ければと思います。笑

アフィリエイトのジャンルについて

一般的にアフィリエイトは、アフィリエイトする媒体
やアフィリエイトする商品の種類などでジャンル分け
されています。

例えば、商品をブログで紹介していくなら

「ブログアフィリエイト」

ホームページ(サイト)を作成して商品をアフィリエイトしていくなら

「サイトアフィリエイト」

メールを使って商品をアフィリエイトしていくなら

「メルマガアフィリエイト」

と呼びます。

他にもアフィリエイトしていく商品が
情報商材なら情報商材アフィリエイト
(情報商材は稼ぐ方法などをまとめた
 ハウツー本みたいなものです)

アダルト広告を扱っていくなら

アダルトアフィリエイト

と呼んだりしています。

ちなみに、私がメインに行っているアフィリエイト
手法は「コピーライティングスキルを軸とした
DRMを活用した手法」になり、こちらの手法は
ブログやメールマガジンを主に活用しながら
情報商材をアフィリエイトしていきます。

この辺りについては、メルマガ講座などで
詳しく開設していく予定です。

メルマガ準備中

それでは、今回はここまでとします。

次回は、アフィリエイトの魅力について
ご説明させていただこうと思います。

アフィリエイトの魅力

最後までお読み下さり、ありがとうございました。


DRMアフィリエイト講座一覧

いつも応援いただきまして
本当にありがとうございます。
今回も、記事に対して価値を
感じて頂けましたら
応援クリックをお願い致します。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ